英語嫌い・海外初体験の私がワーキングホリデーでカナダトロントに留学してきました。準備やリアル生活、写真、お役立ち情報いっぱいでお届けします。
★人気記事!
最新の記事
カテゴリー
ブログ内検索
PR
★英語初心者が行く!!カナダ留学★トロント★
コレは使える!
  

オススメ情報




アメリカやカナダの講師陣!
iknowも付属の英会話

国際免許でカナダでも運転!

今までのお客様

プロフィール

みぃ

  • みぃ
  • IT関連勤務OL
    猫好き。多趣味で好奇心旺盛。
    興味を持ちすぎて器用貧乏な
    この頃(笑)動物占い「チーター」
    そのままらしい!?(苦笑)
リンク
最近のコメント
 

■英語教材は アルク!

準備に関するサイトマップ  ボランティア体験  海外携帯電話  国際恋愛  ランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑ このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!  mixiチェック

準備に関するサイトマップ  ボランティア体験  海外携帯電話  国際恋愛  ランキング
2008.05.01 Thu
留学で得れる「聞こえる英語」「話せる英語」
留学で得られる英語の能力で、 「聞こえる英語」と「話せる英語」があるように思います。
(本当は、留学前からの蓄積知識や勉強があれば両方、できるんだと思うんだけど・・。)

聞こえる英語とは、英語が聞き取れること。何を言ってるかわかること。
話せる英語は、自分が組み立てて英語を話せること。


私の場合、英語が話せない(話すことに自信がない)ので、ひたすら人の話を聞いてました
ネイティブの人たちの話を聞くことが大好きでした。
現地の人たちは、おしゃべり好きな人たちが多いし、聞くことでどんどんコミュニケーションも広がります。
誰でも話を聞いてもらえるのは嬉しい。聞き上手になってたのかな!?
そのおかげで、英語を聞いていて、どんな内容のことなのかは、(空気からも含め・・)
大体分かるようになりました。私の話す機会と言えば、「あいづち」「Yes.No」「少しの意見」を言う位。
自分から「聞いて!聞いて!」とひたすら話すというのはあまりしませんでした。

反対に、留学生で、どんどん英語を話す人たちもいます。
そういう人は、どんどん英語力もつくし、話せる英語を身につけていきます。

それぞれの個人の性格や置かれている環境によって、
日本にいる自分の性格のように自分を出せなかったり
英語を話せない壁にぶち当たってどうしていいのか分からない事も。。


私は、留学先で、聞くことが多い環境に悩んだこともありました。
あまりしゃべってないなぁとか、自分らしくないかも・・とか。
留学先だから自分を変えれるという人もいれば、逆に考えすぎてよく分からなくなってしまう人も。
でも、自分を責めずに、その時々のありのまま環境を楽しむことが留学を楽しむ秘訣かもしれません。

人の話を聞くことも、話すこともバランス。
どんな英語が苦手な人でも、「人の話を聞くこと」か「自分が話すこと」どちらかが多くなれば
どちらかの能力が高くなる。
留学後に、ヒアリングが得意になるか、スピーキングが得意になるかの話。


英語を話せなかった時、英語が話せないのは、
文法が分からないからとか単語が分からないからだと思ってました。
でも実は、「その人が言っていることが分からない(聞こえない)」からだったと思います。

今は、聞かれた質問に「Yes.No」だけでも聞かれた人に感謝されて、英語が話せてる♪ってマス。(笑)
ディスカッションできるほどの英語は身につけれていない(自分に甘い!)けど、
「聞こえる英語」でも、日常生活では十分使えてて、英語って楽しいなと思えてます。

本格英語をマスターする考え方の人にとってはちょっと甘いかもしれないけど、
留学では必ずどちらかの能力は必ず伸びると思います!
あまり気負わず、英語を楽しみましょう♪
自分がふっと気づいたときに、「おっ!」と思わせられる英語の変化があると思います。

《留学前》留学って?    Comment(0)   TB(0)   Top↑ このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!  mixiチェック

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://cheris.blog7.fc2.com/tb.php/334-8955e622

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。