英語嫌い・海外初体験の私がワーキングホリデーでカナダトロントに留学してきました。準備やリアル生活、写真、お役立ち情報いっぱいでお届けします。
★人気記事!
最新の記事
カテゴリー
ブログ内検索
PR
★英語初心者が行く!!カナダ留学★トロント★
コレは使える!
  

オススメ情報




アメリカやカナダの講師陣!
iknowも付属の英会話

国際免許でカナダでも運転!

今までのお客様

プロフィール

みぃ

  • みぃ
  • IT関連勤務OL
    猫好き。多趣味で好奇心旺盛。
    興味を持ちすぎて器用貧乏な
    この頃(笑)動物占い「チーター」
    そのままらしい!?(苦笑)
リンク
最近のコメント
 

■英語教材は アルク!

準備に関するサイトマップ  ボランティア体験  海外携帯電話  国際恋愛  ランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑ このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!  mixiチェック

準備に関するサイトマップ  ボランティア体験  海外携帯電話  国際恋愛  ランキング
2008.05.18 Sun
メノナイトの歴史が残る町・St.Jacobs Country
トロントからちょっと日帰り旅行の街。
St.Jacobs Country(セント・ジェイコブス)という田舎町。
トロントからは、車で1時間半位。語学学校の1日旅行のアクティビティになっていることも。
(私は、それで行きました♪)Greyhound Bus でも行けるみたい。

ここには、「メノナイト」と呼ばれる人たちが住んでいます。
メノナイトとは、キリスト教の宗派の1つで、ヨーロッパでの過酷な宗教迫害を逃れて、
新天地を求めて、18世紀から19世紀にかけてアメリカ大陸に移住しました。
宗教の考え方から今でも、18世紀以来の伝統を変えずに守り、水道も電気も引かず、
テレビ、電話、冷蔵庫、自動車の電気製品などを使わず自給自足の生活を送られているようです。
移動は、馬車、電気はランプ、町を歩いていると伝統的な服装をした人たちに出会う事もできました。

時間がゆっくり流れていてかわいい街でした。

町では、Jt.Jacobs Marketという大きな市が開かれます。
野菜やカナダの名産、メープルシロップなどのたくさんのお店があります。

町の中の郵便局では、メノナイトの歴史を知ることができます。

St.Jacobs Country (行き方はこちら

jacobs

〔留学中〕旅行するには?    Comment(0)   TB(0)   Top↑ このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!  mixiチェック

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://cheris.blog7.fc2.com/tb.php/337-6f443ad6

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。